2016年03月27日

3月30日発売予定CDのミニレポ


新譜
ラ・カンパネラ〜革命のピアニズム
ユニバーサルミュージックより発売予定!


この度、おかげさまで初のメジャーレーベル、ユニバーサルミュージックにてレコーディングをさせていただく事になりました。

今回の収録は2016年1月18〜22日まで、軽井沢の大賀ホールにて行われました。数十年に一度と言われる大雪の中、東京から出張してくださったスタッフの皆様には大変なご負担とご迷惑をおかけしてしまいました。

しかし、ホールの窓から見る冬の景色はまるで僕が小学生時代を過ごしたハンガリー、祖父母の家があったキシュマロシュ村を眺めているかのようでした。大自然の静けさと美しい雪景色に包まれながら、どこか懐かしく、ホッとする気持ちで演奏に挑む事ができました。

大賀ホールは世界の一流アーティストも絶賛する程の素晴らしい響きです。ピアノはミケランジェリ使用のスタインウェイD型、彼の特別サイン入りのモデルです。

そんな素晴らしい環境での4日間。レコーディングを担当してくださったエンジニアは島さん。それぞれの作品の解釈や間の取り方についても話し合いながら、ピアノとホールの音の世界観と上質な響きを見事に再現してくださいました。

曲目には古典派モーツァルトから近代のドビュッシーまで、カラフルなプログラムを選んでみました。幅広い時代の作品と向き合う事、それは僕が最も尊敬する人物フランツ・リストの教えであり、ハンガリーで学ばせていただいた事でもあります。

クラシック音楽愛好家の皆様のみならず、普段あまりクラシックに縁が無い方、正直少し抵抗があるという方でも楽しんでいただきたく、馴染みのある作品を多く取り入れてみました。

世界中の人に愛されてきたベートーヴェンの「月光」やリストの「ラ・カンパネラ」では、一度原点に戻り、作曲家が意図した事、作品のメッセージと向き合い、自分なりの解釈に挑戦してみました。

ラ・カンパネラ〜革命のピアニズムをどうぞお楽しみに!

ユニバーサルミュージック
http://www.universal-music.co.jp/kaneko-miyuji/

山野楽器

image.jpeg
posted by Miyujik at 15:23| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記